ワキのムダ毛についての日々の後悔

平凡な東北縦貫に旅をする > 地域 > ワキのムダ毛についての日々の後悔

ワキのムダ毛についての日々の後悔

私がワキのムダ毛が嫌だと思う時は、ノースリーブのキャミなどの上に上着を羽織って油断した状態で友人と会っている時などに、自分の視界に、予想していない状態の自分のワキ毛が飛び込んできた時です。え、うそ、こんなに伸びていたの?というような長い毛が、ちらっと見えた時など、しまった、と後悔しますがその場ではどうにもできないのでその日の夜などに手を入れます。しかしまた他の日に同じような状況になったりするので、会う日の朝などに処理すべきなのでしょうね。 下北沢背中脱毛